変化に弱い

女性

安心できる場所を

世の中の移り変わりが激しく、グローバルや情報過多の世界など社会構造の変化は、世代を超えてストレスを増大させています。こうしたストレスがうつ病をはじめとする精神障害の発症の大きな原因となっています。一般的に重いストレスが長期間続いたり繰り返されたりすることで、人はストレスにうまく適応できなくなり、心身の不調をきたすことがほとんどです。診断学上ではストレス性精神障害ではないですが、強いストレスあるいはそれほど強くなくても長期的なストレスをきっかけとして発症することが知られています。そして、うつ病になりやすい性格の人は、リストラあるいは昇進など良し悪しに関係なく環境の変化が原因となり思わぬ弱点になるともいわれています。うつ病は年間で1.4パーセントから1.6パーセントの割合で発症し、生涯有病率は13から20パーセントですから、ごく有り触れた疾患です。こうして数値化するとわかりやすいですが、日本では一般的な病気としての正しい認知はまだまだ進んでいないことは確かです。しかし、うつ病はガンに次いで多い疾患であり、現代では40代や50代など中高年だけのものではなくなってきています。若い世代への広がりはもちろんですが、医療技術の進歩や高齢化の影響により老年期のうつ病も含めて問題になってきています。うつ病発症の原因としてストレスが関わっていることに加えて、身心と環境の二つのカテゴリーが複雑に絡み合っていることがほとんどです。特に環境のカテゴリーは強い影響力を持っています。たとえば、家庭、学校や職場、社会という単体で引き起こすことはありませんが、発達障害や病気、脳のトラブルや遺伝などの身心の因子に必ずと言っていいほど影響し、よりうつ病を発症しやすい状況を作り出します。つまり、環境さえ整っていれば、発症を避けられるわけです。子供や専業主婦の場合、環境カテゴリーの中でも特に家庭問題が原因となることが多いです。本来、安心してられる場がそうでなくなると、気持ちが震え、荒み、安らげずにうつ病を招きやすい状態になってしまいます。離婚や再婚、両親の不仲、家族との死別などが主です。また、発症の手前のうつ状態の段階で、本来、休養すべきところを、家事や育児で忙しくて休むことができない、あるいは家族から怠けているなど理解のない叱責を受けることで重症化してしまう場合もあります。そもそも、家族といえども個人の都合と価値観で動きがちです。その行為の良し悪しは別として、行為の内容によっては大きく動揺する結果になってしまいます。そのため、うつを引き起こすことのないように、日ごろから安心して生活できる環境づくりが重要です。

ストレスの影響力

先生

うつ病には色々と種類があり、発症する原因も様々だと言われています。しかし主な原因は共通しており、ほとんどがストレスによるセロトニンの減少と考えられています。うつ病は治らないと考えている人もいますが、ちゃんと治すことができる病気です。

詳しく見る

紐解いていく

ウーマン

うつ病の発症原因を追究することは、治療過程の中で大事なことです。その中で、家族以外の協力者を得ておくことが重要です。学校や職場に理解を得ると同時に、本人や家族が気付きにくい情報なども得ることもできます。

詳しく見る

過程別の治療の注意点

男の人

うつ病の治療を受ける際は、医師の指示通りに通院や抗うつ剤の内服を行う事。再発予防のためにも自己判断で治療を注視しない事が大切です。また、うつを予防する為には原因となるストレスを減らす事、生活リズムや食生活を見直すことが有効です。

詳しく見る

症状からみる病気

レディー

うつ病の治療を受ける上で意外と重要な点として原因を突き詰めることです。発症する際には何らかの原因が存在します。そこを把握しつつ治療を進めていくことで治療をスムーズにするだけでなく再発予防にもつながります。

詳しく見る

Copyright© 2018 うつ病の原因を理解しよう【うつ病を発症しやすい状況】 All Rights Reserved.